WiMAXルーターW06とWX06の違いを徹底比較【どっちがおすすめ?】

しろくまのアイコン画像しろくま

WiMAXルーターのW06とWX06の違いを知りたいくま!実際どっちが良いの?

手のひらサイズのWiMAXルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」と「Speed Wi-Fi NEXT W06」はどちらも人気の機種ですが、あなたは違いをご存知ですか?

WiMAXでインターネットを楽しむためには、モバイルルーターと呼ばれるWiMAX専用のルーターが必要ということはご存知のとおりですが、どっちを選べば良いのかって正直わからないですよね。

今回本記事にて比較するモバイルルーターは手のひらサイズの「Speed Wi-Fi NEXT WX06」と「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。

  • 現在各プロバイダーで扱われているモバイルルーターの上位4機種
  • Speed Wi-Fi NEXT WX06(持ち運びタイプ)
  • Speed Wi-Fi NEXT W06(持ち運びタイプ)
  • WiMAX HOME 02(据え置きタイプ)
  • Speed Wi-Fi HOME L02(据え置きタイプ)

手のひらサイズのモバイルルーターは自宅での利用や外出先での利用といつでもどこでも使える点が非常に嬉しい機器です。

WiMAXは機種が複数あってどの機器を選べば良いかわかりにくいです。

ですが、結論を言ってしまうと性能で選ぶのであれば「Speed Wi-Fi NEXT W06」で問題ありません。

あざらしのアイコン画像あざらし
本調査結果をお読みいただくことでモバイルルーターの賢い選び方がわかるようになります。

この記事が少しでもあなたの助けになれば幸いです。

\ 契約から解約まで手厚いサポート /

目次(読みたい場所をタッチ)

WiMAXのW06とWX06の違いを徹底比較

Speed Wi-Fi NEXT WX06とW06を21項目にて比較し、注目ポイントの説明およびメリットデメリットをまとめます。

Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi NEXT WX06
製造元HUAWEI TECHNOLOGIES CO.LTD.NECプラットフォームズ(株)
通信速度(ダウンロード)最大1.2Gbps(*2)最大440Mbps(*1)
通信速度(アップロード)最大75Mbps最大75Mbps(*3)
対応モードハイスピード
ハイスピードプラスエリア
ハイスピード
ハイスピードプラスエリア
対応エリアWiMAX 2+
au 4G LTE(800MHz)
WiMAX 2+
au 4G LTE(800MHz)
Wi-Fi規格802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応)802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応)
対応OSWindows7、Windows8.1、Windows10
Mac OS X 10.9/10.10/10.11/10.12/
10.13/10.14
Windows10/8.1
Mac OS 10.9/10.10/10.11/10.12/
10.13/10.14/10.15
対応ゲーム機PS4、Nintendo SwitchなどPS4、Nintendo Switchなど
ディスプレイ約2.4インチTFTタッチ液晶
約2.4インチLCD
QVGA(320×240ドット)
同時接続台数最大16台(Wi-Fi)
最大1台(USB)
最大16台(Wi-Fi)
最大1台(USB)
連続通信時間■ハイスピード
 ハイパフォーマンス設定:約 430分
 スマート設定 :約 540分
 バッテリーセーブ設定 :約 700分
■ハイスピードプラスエリア
 ハイパフォーマンス設定:約 300分
 ノーマル設定 :約 400分
 バッテリーセーブ設定 :約 600分
■ハイスピード
 おまかせ一括設定(スタンダード)/NORMAL(バランス):約690分
 おまかせ一括設定(通信速度優先)/HI-P(速度優先):約500分
 おまかせ一括設定(電池持ち優先)/ECO(電池優先):約840分
■ハイスピードプラスエリア
 おまかせ一括設定(スタンダード)/NORMAL(バランス):約630分
 おまかせ一括設定(通信速度優先)/HI-P(速度優先):約490分
 おまかせ一括設定(電池持ち優先)/ECO(電池優先):約800分
充電時間約140分約160分
(TypeC共通ACアダプタ01U[別売])
急速充電USB Power Delivery 2.0対応非公開
バッテリー容量3,000mAh3,200mAh
連続待ち受け時間デフォルト設定(WiMAX2+、Wi-Fi未接続時):約 800時間休止状態:約700時間
ウェイティング時:約45時間
UIMカードバージョンNano ICNano IC
寸法(mm)128x64x11.9mm111x62x13.3mm
重量約125g約127g
同梱物取り扱い説明書
保証書
TypeC変換コネクタ(試供品)
※ACアダプタ/USBケーブルは非同梱
電池パック
背面カバー
ご利用にあたっての注意事項

保証書
つなぎかたガイド
USB2.0 TypeC-A変換ケーブル(試供品)
本体色ブラック×ブルー
ホワイト×シルバー
ライムグリーン
クラウドホワイト
アクセサリ(別売り)なしWX06クレードル
性能比較
  1. 表記の通信速度は理論値であり、実際の通信速度は440Mbpsよりも低下する場合があります。
  2. ハイスピードプラスエリアモード、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンにした時の下り最大速度です。機器とPCをUSB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)でつなぐことが必要です。Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。
  3. 上り最大75Mbpsは東名阪の一部エリアで提供、順次拡大中。

通信速度で比較

注目すべきはW06の最大通信速度は驚異の1.2Gbpsです。

ハイスピードプラスエリアモード、W06とパソコンをUSB-Type Cケーブルでつなぐことが条件となり、WiFi接続では実現できませんが、光回線を超える高速通信を体験できます。

ハイスピードプラスエリアでは翌月まで128Kbpsに制限される
Broad WiMAX公式サイト

ただし、ハイスピードプラスエリアモードは通信容量が最大で7GBになり、これを超えてしまうと通信速度が128Kbpsに制限され翌月まで使い物にならなくなる諸刃の剣です。さらにハイスピードモードに戻してもこの制限は変わらないため、注意が必要です。

対してWX06は最大で440Mbpsの通信速度です。ハイスピードプラスエリアモードを利用することで通信品質を劇的に上げることはできても通信速度は変わりません。

ちなみに440Mbpsという数値や、1.2Gbpsという数値は「理論値」というものであり、設計上(理論上)の話となります…。実際に440Mbpsでるということはまずありません。

実測値についてはBroad WiMAXのW06の通信速度を計測!実測結果からわかること【失敗なし】という記事で赤裸々に語っていますので、ご参考ください。

  • 結論

ハイスピードモードを利用している限り、3日で10GBの制限こそあるものの使い物にならないということはありません。ハイスピードプラスエリアモードは劇的な速度を手にすることができますが、7GBの通信を行うと翌月まで使い物にならないという欠点があります。

バッテリー容量で比較

Speed Wi-Fi NEXT WX06とSpeed Wi-Fi NEXT W06では若干バッテリー容量に差があります。

多いほうが得…と思いがちですが、これは正直誤差レベルですので、バッテリー容量で比較するのはもったいないです。

まとめると…

WX06とW06で比較すべきポイントはズバリ通信速度です。

WX06はの最大通信速度は440Mbpsとなり、W06は条件さえ整えば1.2Gbpsの通信速度を出すことが可能です。

ただし、W06の1.2Gbpsの通信速度で合計で7GBのデータ通信を行うと翌月まで128Kbps(*1)という速度にまで制限され実質使いものになりません。

  1. 128Kbpsという速度はインターネットが普及しだした頃の速度であり、ちょっとしたテキストを閲覧するだけでも数分かかるという速度でした。

あざらしのアイコン画像あざらし
ハイスピードプラスエリアモードの活用方法としては、緊急ですぐにデータのダウンロードが必要になった!といった「よほどの場合」にとどめ、普段使いはハイスピードモードで利用することが賢い使い方と言えます。

ちなみに初期設定ではハイスピードモードとなっており、勝手にハイスピードプラスエリアモードに切り替わることはありません。

\ 契約から解約まで手厚いサポート /

WX06とW06選ぶならどっちがベスト?

Speed Wi-Fi NEXT WX06とSpeed Wi-Fi NEXT W06を選ぶならどちらが良いか、調査隊が調査した結果を報告します。

結論から言うと、Speed Wi-Fi NEXT W06です。

  • 理由は3つ
  • 最大通信速度1.2Gbpsを体験できる
  • ビームフォーミング機能で通信の安定性が確保できる
  • 通信モード自動切替機能がある

最大速度1.2Gbpsを体験できる

繰り返しの説明になりますが、W06ではハイスピードプラスエリアモード、W06とパソコンをUSB Type-Cケーブルでつなぐことで通信速度が1.2Gbpsにすることができます。

詳しい解説をすると、「4×4MIMO(フォーバイフォーマイモと読む)」と「キャリアアグリゲーション(CA)」を同時に利用することで1.2Gbpsという高速通信を実現しています。

あざらしのアイコン画像あざらし
…と、言っても大体の記事はこれぐらいの説明で終わってしまっています。

  • キャリアアグリゲーションとは

アグリゲーションとは「集約する」という意味があり、WiMAX 2+でいうキャリアアグリゲーションとは、au LTE回線とWiMAX 2+回線を集約することを意味しています。

Broad WiMAX公式サイト
  • 4×4MIMOとは

WiMAX 2+の基地局にある4本のアンテナと、W06やWX06に内蔵されている4本のアンテナをそれぞれつなぐこと意味しています。

Broad WiMAX公式サイト

4×4MIMOはau LTE回線、WiMAX 2+は2×2MIMO(ツーバイツーマイモ)それぞれが同時に基地局のアンテナとつながります。

合計6本のアンテナが同時に通信を行うため、無線でありながら1.2Gbpsという途方もない高速通信を実現しています。

注意点としては、W06とスマホやパソコンなどの通信方式がWi-Fiである場合の最大通信速度が867Mbpsとなります。1.2Gbpsの通信速度を体験するには現段階ではW06とパソコンをUSB Type-Cケーブルでつないだときのみとなります。

ビームフォーミング機能で通信の安定性が確保できる

ビームフォーミングとは、簡単に言うと、スマホやパソコンに向かって電波を飛ばす技術です。

ビームフォーミング
Broad WiMAX公式サイト

Wi-Fi機器というのは、機器を中心に電波を円形状に放射しますが、W06ではビームフォーミングに対応しているスマホやパソコンに向かって電波を飛ばしてくれるため電波強度が高まり通信が安定します。

  • ビームフォーミングに対応しているスマホは下記のとおり
  • iPhone 6以降
  • Xperia X Performance以降

Android端末は多様な機種がありますが、最新機種であればほぼ対応しています。

通信モード自動切替機能がある

ハイスピードプラスエリアモード利用時、7GBを超過する前に、ハイスピードモードに自動で切り替わる「通信モード自動切り替え機能」がある

Broad WiMAX公式サイト

これだけでW06を選んでも良いくらいうれしい機能です。

あざらしのアイコン画像あざらし
今までのモバイルルーターでは自動切替モードがなかったため、ハイスピードプラスエリアモードで通信してうっかり7GBを超えてしまうという悲惨なことがあちこちで見られました。

それをなくしてくれる画期的なモードが「通信モード自動切替」機能です。

あらかじめハイスピードプラスエリアモードからハイスピードモードに切り替わる通信容量を設定しておき、設定した通信容量までの通信を行うと自動でハイスピードモードに切り替えることが可能です。

ハイスピードプラスエリアモードがあっても使っていなかったWiMAXユーザーは今まで多かったことでしょう。

W06では、通信モード自動切替機能を使うことでこれまで以上に使いこなすことができるようになりました。

\ 契約から解約まで手厚いサポート /

Speed Wi-Fi NEXT W06にはクレードルがない

Speed Wi-Fi NEXT シリーズにはクレードルという(いわゆる台座)を別途購入することで電波の質を高めたり、USBケーブルをつないでパソコンとつなぐことが可能でしたが、W06にはクレードルが存在しません。

しろくまのアイコン画像しろくま
じゃあ、WX06が良いくま?

そんなことはありません。

W06は機器そのものの性能が上がり、クレードルがなくとも4×4MIMOでWiMAXの基地局と接続できることが可能になった点が挙げられます。

とは言ってもクレードルが非対応であることは公式には発表されていませんが、必要性もなくなってきたというところが濃厚でしょう。

USB接続についてはUSB Type-Cケーブルで接続できますので、その点も問題はありません。

クレードルがないので「何だかその辺にただ置いているだけな感じ」は否めませんが、クレードルがないからと言って性能がでない…ということはないのでご安心ください。

Speed Wi-Fi NEXT WX06とW06、選ぶなら最先端機能を持つW06で決まり(まとめ)

Speed Wi-Fi NEXT WX06とW06の性能比較と選び方についてまとめました。

WX06とW06どちらを選ぶかと聞かれたら当調査隊員は「W06」を選びます。

  • 理由は下記のとおり
  • 最大通信速度1.2Gbpsを体験できる
  • ビームフォーミング機能で通信の安定性が確保できる
  • 通信モード自動切替機能がある

W06では条件をそろえることで最大で1.2Gbpsの通信速度がでます。

1.2Gbpsの通信速度を出すにはハイスピードプラスエリアモードの利用が欠かせませんが、通信モード自動切り替え機能があるので、7GBの通信制限にビクビクする必要もなく最高の条件でインターネットを楽しむことが可能です。

なお、W06を実際に計測した記事もありますので、実際の通信速度はどうなの?と疑問をお持ちのあなたに向けたBroad WiMAXのW06の通信速度を計測!実測結果からわかること【失敗なし】という記事で赤裸々に語っていますので、ご参考ください。

さらにはビームフォーミングという機能もあり、ビームフォーミング機能に対応しているスマホやパソコンに向かって電波を飛ばしますので、通信品質も優秀なものになります。

もう一度言いますがWX06とW06どちらを選ぶかと聞かれたらW06を選びます。

WiMAXは機種が複数あってどの機器を選べば良いかわかりにくいですよね。

WiMAXでは返却日を含めた14日間を完全無料で試すことが出来るTry WiMAXというサービスがあります。Try WiMAXの申し込み方法からレンタルした際のチェック項目などをまとめた記事を読むことであなたが契約する際に選ぶ機種もみえてきます。

この記事が少しでもあなたの助けになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\ 契約から解約まで手厚いサポート /

  • 次に読まれている記事

WiMAXのおすすめ機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」の設定方法【完全網羅】

Broad WiMAXのキャンペーンを利用して契約するときの注意点!【必ずお読みください】

やっぱり不安…!どうなの?WiMAXの通信速度

WiMAXって無料でレンタルできるんです!

人気プロバイダー勢ぞろい!WiMAX人気ランキング!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

調査結果をコッソリシェアする
目次(読みたい場所をタッチ)
閉じる